通販ショッピングサーチ アイテムポストは、楽しくショッピングできる比較検索サイトです。

進化した一本歯下駄「GETTA」特設サイト

進化した一本歯下駄「GETTA」特設サイトのキャプチャ

スポーツ工芸ブランドarucuto進化した一本歯下駄「GETTA」の子店ショップです。
本店 http://shop.getta.jp/ がアクセス過多等で接続困難な時はこちらから御購入いただけます。

一本歯下駄GETTAは
日本テレビ『ぶらり途中下車の旅』
関西テレビ『よーいドン』隣の人間国宝さん認定
NHKNHK『京いちにち』京これ!『ぐるっと関西』
BSジャパン『暮らしの学校』
読売テレビ『ten!』若一光司のミステリーファイル
京都新聞・産経新聞・京都リビング・月刊ソトコト・小学館BE-PAL
ZIP-FM『MORNING CHARG』FMCocolo『AMUSICMORNING』

等々各メディアで特集紹介された一本歯下駄です。

・・・・・・・・

従来の一本歯下駄の弱点である、
・持ち運びの不便な大きさ
・子どもや初心者には不安な危険性
・トレーニングへの応用力の低さ
・下駄の歯がすり減った際の実感効果の大幅な低下
→危険性を減らすために低い歯を選んだ際の効果の低さ
・腕立て伏せ、手押し車等の手に下駄を着けておこなうメニューの実現可能性の低さ
・・・・・・・・

これらを全てカバーした進化した一本歯下駄であるGETTAの第二公式販売サイトです。
本サイトは一本歯下駄GETTA開発者である宮崎要輔自らが運営しています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

社会の変化がこども達の発達変化に!一本歯下駄GETTAが今、社会にできること

① 転びやすい子どもの増加する社会の改善

この二年間でお母さん方から多くなってきた相談が

「子どもが平地で簡単に転んでしまう」

「ちょっとしたところで転ぶ場面が多い」というものです。

これは女性の社会進出とバリアフリー化の普及とともに今まで以上にベビーカーの

使用頻度が増えたことに密接に関係しています。

母親がベビーカーを使い始め、おんぶしなくなってから幼児期に「ふんばる力」が育くまれれていないことが大きな理由です。

昔は、母親は子どもをおんぶして家事労働や買物に出かけました。母親にとっても、大変な肉体への負荷がありましたが、おぶられる子どもたちも、母親にしがみついて、手足のふんばる力を育てていきました。
それがベビーカーの普及により、母親も肉体労働から解放されたが、子どもたちもベッドのまま移動することになり、ふんばる力を育てる機会を失っていきました。

そのことが歩くように成長した頃に転ぶということで顕著になっているのです。

だからといって現代社会において女性の社会進出やバリアフリー化、ベビーカーを否定することはできません。

そういった社会の変化を理解していく中で如何に小学生低学年のうちにそこを改善していくことだと思います。

女性の社会進出と共働き、核家族化により今後より深刻化し、全国各地でおこるであろうこの「ふんばる力を育てる」のが一本歯下駄GETTAとそのGETTAプログラムです。

また、高齢者の転倒防止やふくらはぎへの刺激トレーニング理論によって大人の健康法としても大きな効果を実感できるものとなっています。

② 肩が弱い子どもの増加を改善

近年のスポーツテストではこの20年、全体的には伸びている項目がみられる中で常に低下しているとされるのが遠投能力です。

これも、外で遊ぶ子どもが減ったというよりもそれ以前の幼少期における変化が大きいと考えられる。それ故にただ単に鍛えるのではなく、その発達の未段階をふまえたトレーニングプログラムの作成が重要です。

特に肩周りの可動範囲と筋肉の連動性の向上は筋出力に大きくかかわることからその後の多くのトレーニングの質にも影響していくと考えられます。

GETTAトレーニングマニュアル掲載の 一本歯下駄GETTAを手につけることによるトレーニングで肩を強くするトレーニングも可能です。

③ 骨盤形成について

・・・・・・・・・・・
よく黒人選手がはやいのは骨盤の角度の違いだといわれます。
これは大腰筋の発達の差によって、身体の中心である骨盤の位置に違いが生まれてくる影響が大きいと考えられます。
・大腰筋が発達している黒人→骨盤が前傾している姿勢
・大腰筋が発達していない日本人→骨盤が中立、もしくは後傾している姿勢
この骨盤から考えられる黒人と東洋人の違いは本やテレビでもよくいわれることで多くの日本人がこの骨盤の部分と筋力の違いで納得してきました。

ただ、個人的な観点ですが5歳児ぐらいの日本の子ども達をみていると実は骨盤が前傾している姿勢の子が多くいます。
この時期は比較的に大腰筋の発達バランスがいいのかもしれません。
そしてそうした子達の走りは上体のブレが殆どありませせん。
そこからすくすく育てばいいのですが、イス等の生活スタイルからなのかどうもどこかのタイミングで大腰筋をつかわなくなり骨盤が後傾していくようです。
ただ成人した日本人でも例えば能楽師の方は、骨盤が前傾している姿勢の方が多くいらっしゃいます。これはすり足をはじめとした動きが大腰筋を解筋に導くこと、そして能を舞う際の姿勢が100メートルを9秒台で走るトップ選手と非情に近いからです。


そして骨盤の傾きに違いがあると、姿勢、体の動かし方に違いが出ます。
頑張る筋肉が全く異なってきます。

そして使われる筋肉に違いがあると、走り方だけでなく体型、体質に違いが出てきます。

同じトレーニングでも個々で差が生まれるのはこういった部分の複合性もあるように思います。
そして今後のトレーニングプログラムにおいて必須のものとして大事にしていかなければならないことがこの骨盤が前傾している姿勢を身につけるための大腰筋の解筋トレーニングではないでしょうか。

大腰筋の活性化に適しているのが、能の基本動作であるすり足になりますがこれは能の修得者に習わなければなかなか難しいものです。

代わりのトレーニングとして「一本歯下駄GETTA」を使った腹黄筋トレーニングがおすすめです。

送料
ショップ名
進化した一本歯下駄「GETTA」特設サイト
住所
 
電話番号
 
決済方法
クレジット決済・銀行振込・
運送会社
進化した一本歯下駄「GETTA」特設サイトに移動

進化した一本歯下駄「GETTA」特設サイトの商品一覧

表示方法: 写真小写真大
表示件数: 20件40件60件80件
表示順序: 売れ筋順新着順価格が安い価格が高いGMOとくとくポイント率が高い

全2件

  • ≪前の20件
  • 1
  • 次の20件 ≫
商品詳細 価格/ポイント
  • ≪前の20件
  • 1
  • 次の20件 ≫
ページトップへ
Copyright (c) 2004-2016, GMO MAKESHOP Co. Ltd. All Rights Reserved.