通販ショッピングサーチ アイテムポストは、楽しくショッピングできる比較検索サイトです。

腸を活かし、血流を改善するお店 旬(ときめき)亭

腸を活かし、血流を改善するお店 旬(ときめき)亭のキャプチャ

神さま(サムシンググレート)からいただいた、すべての細胞を活かしきる
すてきに活ききる [よく活き、よく老い、よく死ぬために]

<すてきに活ききる 健やかな日々>
  ◇気持ちよく眠ることができ、朝の目覚めが良いこと
  ◇身体が軽く、思ったとおりに動くこと
  ◇腸が快調であり、食事がおいしいこと

病気は、長年の生活スタイルの結果である生活習慣病として現れます。そして、身体は食べたものからできています。
☆腸をキレイにすると、健康な血が全身を巡る
キレイな血液は、サラサラと流れて全身を巡り、栄養や酸素を届けます。しかし、汚れた血液はスムーズに流れず、全身の細胞は酸素や栄養が不足しがちに。そうなると体によくないことが生じます。
そのひとつは、免疫力の低下。風邪をひきやすくなるなど、病気になりやすい体になるのです。
また、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病も、その大きな原因は、サラサラと流れない汚れた血液。「血液の質は腸でつくられる」ともいわれます。
腸の状態がよければキレイな血液が、悪ければ汚い血液がつくられるのです。
腸をキレイにし、キレイな血液を全身に巡らせることが健康の秘訣。便秘などの腸の不調は、全身の不調の元となります。

☆腸は人の体で最大の免疫器官
腸は人の生命維持にかかわる最も大切な器官で、腸の粘膜の表面積は実に全身の皮膚のおよそ200倍ともいわれています。
腸は飲食物に含まれる栄養分を吸収する一方で細菌やウイルスはその感染を防ぐため吸収せず便として体外に排出しなければなりません。
従って血液中を流れるリンパ球といわれる免疫細胞の多くが腸に集まっており、それら免疫細胞が腸の粘膜やヒダに集まってバイエル版と言うリンパ組織を形成しています。また、人の体の全免疫システム全体の70%が腸に集中してと言われています。

腸内の免疫の主な働き
◇腸内に入ってきたものを免疫細胞が認識
◇免疫細胞が腸内に入ってきたものの無害、有害を判断
◇無害なものは受け入れ、有害な場合は免疫細胞が攻撃

日本人の腸はもともと「低脂肪・ 高繊維」の食事に適応してきたのですが、近年急速に「高脂肪・低繊維」の食事へと変化してきました。
また加工食品やインスタント食品など栄養バランスの悪い食事も多く摂取するようになってきました。このように腸に入ってくるものの量・質・内容の変化により、腸内細菌のバランスに乱れが腸の免疫の乱れの大きな原因となります。
また、老化、ストレス、睡眠不足、過労、抗生物質の服用等などで腸はダメージが溜まり、結果として善玉菌が減り、悪玉菌が増えるといった悪循環に陥ります。特にストレスは腸の免疫の乱れの大敵で、腸内細菌のバランスが崩れやすくなります。
そして、腸内の免疫細胞が有害物質やウイルスなどを感知できなくなり、外敵が有害なのか無害なのかの仕組みにエラーが発生したり、逆に無害なものまで攻撃してしまうという異常などが発生したりすることで免疫力は弱っていきます。

☆腸が元気で体も元気
このように腸内細菌は腸内の免疫に非常に大きな役割を果たしており、体に良いものと悪いものを区別し、有害なものは排除するといった仕組みは腸内の細菌によって調整されているといわれています。
つまり腸内細菌のバランスが保たれることによって免疫の仕組みが正常に働くのです。
逆に細菌の中の善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増えると、免疫機能が低下して病魔に侵されやすくなるわけです。
従って、腸内細菌を健常な状態に維持することは、健康を維持していくうえでも、病気の予防や老化防止などに役立つで上でも大変重要な問題です。
その為には善玉菌をできるだけ多くし、日々、腸内細菌のバランスを整えてあげる必要があるのです。「腸内細菌」が病気になると、私達も病気になるのです。

この善玉菌ですが、子供の方が多く、年代を重ねるごと、特に40代から、特にビフィズス菌が減少してくるとのこと。
自律神経も30~40代から働きが鈍くなってくるため、腸の働きも落ちて、便秘になりやすく、悪玉菌が増える環境になりやすくなってきます。
「善玉菌が減る理由として、エサとなる食物繊維が不足するためだけでなく、腸の粘液などの量が減り、細菌の活性が落ちることも考えられます。
ストレスも30~40代あたりから増えるので、そういったことも要因として考えられます」。

☆★☆
老化とは、ひと言で説明すれば「細胞の老化」です。これは腸が食べ物からの栄養素を十分に吸収できず、免疫力を発揮できない状態に陥っていることを示します。さらに表情に生気が感じられず、瞳がいきいきしていない人も、腸から脳に送られるべき栄養素や神経伝達物質の素が十分に届いていない証拠といえます。

腸が老化することの最大の原因は、腸内細菌が生命活動に不可欠な体内酵素を十分につくりだせなくなり、細胞の代謝が悪くなってしまう点にあります。この細胞の健康を損なう最大の敵が活性酸素(フリーラジカル)です。

活性酸素は「体をサビつかせる悪者」ではありますが、ホルモン生成の手助けをしたり、外敵が侵入してきた際に白血球から放出されて敵を全滅させるなど、有用な働きもします。ところが、大量に発生すると、コレステロールや中性脂肪といった脂質を酸化させて過酸化脂質という有害物質をつくり出し、細胞膜やDNAを傷つけて破壊してしまうのです。

この過酸化脂質が脳細胞の細胞膜内に増えると、アルツハイマー病を引き起こす原因とされているタンパク質「アミロイドβタンパク」が、脳細胞の表面に集積しやすくなります。

食べ物に含まれる酵素を最大限に摂り入れるには、できる限り生に近い状態で摂取するといいでしょう。これは酵素が熱に弱いからです。ですから、たとえば野菜ならサラダ、魚介類なら刺身で摂るほうがいいのです。このとき、旬のものを選ぶと、より豊富な酵素を摂ることができます。また、植物性食品を全体の食事の85%にし、動物性食品は15%程度に抑えることがお勧めです。

このほか、酵素をたくさん含んだ食べ物として、発酵食品がお勧めです。
たとえば、味噌、しょうゆ、酢、塩麹、納豆、ぬか漬け、たくあん、カツオ節、塩辛、くさや、キムチなどを挙げることができます。
食べ物を発酵させるのは、麹菌、酵母菌、乳酸菌、納豆菌、酢酸菌などの微生物です。こうした微生物の働きで、発酵が促進された食品には、食物酵素が豊富に含まれています。ですから、発酵食品を積極的に摂れば体内酵素の補給になり、腸内細菌も活発に働いて、体の老化や病気を防いでくれるのです。

腸相がよく、心身ともに健康な人たちは、長年にわたって酵素を含む新鮮な食べ物をたくさん摂る食生活を続けています。そのため、酵素をつくり出す腸内細菌が活発に働ける腸内環境になるという好循環ができあがっているのです。つまり、これが腸を若返らせる習慣で、あなたの老後の脳と体の健康を決定づける最良の方法といえるのです。

★詳細は、Cafe すてきに活きる 旬(ときめき)亭を参照してください。
  http://sutekini-ikiru-cafe.jimdo.com/

☆ラドン浴、ホルミシス健康館、旬(ときめき)SHOPに関わる
 詳細情報は、http://www.tokimeki-tei.jp/ で、確認してください。

旬(ときめき)亭  亭主 たきがみ博士
◇亭主の想い http://takigami-hakase.jimdo.com/

送料
ショップ名
腸を活かし、血流を改善するお店 旬(ときめき)亭
住所
 
電話番号
 
決済方法
クレジット決済・銀行振込・
運送会社
腸を活かし、血流を改善するお店 旬(ときめき)亭に移動

腸を活かし、血流を改善するお店 旬(ときめき)亭の商品一覧

表示方法: 写真小写真大
表示件数: 20件40件60件80件
表示順序: 売れ筋順新着順価格が安い価格が高いGMOとくとくポイント率が高い

全6件

  • ≪前の20件
  • 1
  • 次の20件 ≫
商品詳細 価格/ポイント
  • ≪前の20件
  • 1
  • 次の20件 ≫
ページトップへ
Copyright (c) 2004-2016, GMO MAKESHOP Co. Ltd. All Rights Reserved.