通販ショッピングサーチ アイテムポストは、楽しくショッピングできる比較検索サイトです。

泉屋六治 Izumiya Roqji

泉屋六治 Izumiya Roqjiのキャプチャ

「LEAF to Tea 〜身体の中から美しく〜」

フレーバーや香料などに頼らない植物が本来の持っている「力」で美しくなって頂きたい。

泉屋六治では、「LEAF to TEA」を実践しております。

栽培期間中、農薬を使用しないリーフの数々が織りなす、新たなティー文化を提案いたします。


『糸島の歴史との繋がり』

①伊都国の時代 西暦100年頃(弥生時代)

 この地に、一つの国、伊都国が建国されました。
 世界最大の八咫の鏡(と言われています。)、ピアス(日本で唯一発見されている女性が身に着ける最古の装飾具)が発見される。また、稲作文化の繁栄の地で、日本最古の硯が発見されたことにより、文字文化の発祥の地と言われるようになりました。

②染井神話 西暦200年頃?

 この地に、新羅に出兵するため、糸島に陣を張った神功皇后。
 彼女は「戦勝祈願」を実施する。
 夫の仲哀天皇の白糸の鎧を井戸に入れ、緋色に染まると勝ち戦。
 色が変化しないと負け戦。 というもの。
 みごとに、緋色に変化する。そのため、染井という名前になる。
 ※万葉集3234番歌、3235番歌。

③怡土(いと)七ヶ寺 西暦701-756年頃(奈良時代)~1500年(室町時代)

 正倉院、東大寺などを建立した聖武天皇。
 聖武天皇により、糸島に7つのお寺を建立し、結界を張るように勅令がだされた。これを怡土七ヶ寺という。2番目に選ばれた地がこの土地。染井山霊鷲寺という。その寺社(42坊の宿坊)は、漢方をメインに育てる寺。(本尊は薬師如来)遣唐使の発着場所から近いため、数々の外来漢方植物が植えられたと言われています。
 例)現存する物 茶ノ木、シナモン、桑、杜仲など。→2017年8月号の婦人画報記載。

④怡土城、高祖城の時代 西暦756年(奈良時代)ー1588年(安土桃山時代)

 この地に、大宰府防衛のために作られた約12kmに及ぶ山城が築かれた。関連遺跡≫鴻臚館、水城、大野城。鎌倉時代になると、原田種継によって高祖城が築かれる。

⑤明治時代から昭和時代にかけて
 この地に古くよりある、湧き水を利用し、水問屋『泉屋六治』を始めた白石六治。彼の義理の姉の白石ハルによって、シナモンの栽培が復活する。

これが、泉屋六治の始まりとなる。

送料
ショップ名
泉屋六治 Izumiya Roqji
住所
 
電話番号
 
決済方法
クレジット決済・銀行振込・
運送会社
泉屋六治 Izumiya Roqjiに移動

泉屋六治 Izumiya Roqjiの商品一覧

表示方法: 写真小写真大
表示件数: 20件40件60件80件
表示順序: 売れ筋順新着順価格が安い価格が高いGMOとくとくポイント率が高い

全8件

  • ≪前の20件
  • 1
  • 次の20件 ≫
商品詳細 価格/ポイント
  • ≪前の20件
  • 1
  • 次の20件 ≫
ページトップへ
Copyright (c) 2004-2018, GMO MAKESHOP Co. Ltd. All Rights Reserved.