通販ショッピングサーチ アイテムポストは、楽しくショッピングできる比較検索サイトです。

飛騨春慶塗製造元 飛騨高山の伝統工芸 - 山田春慶店オンラインショップ

飛騨春慶塗製造元 飛騨高山の伝統工芸 - 山田春慶店オンラインショップのキャプチャ

飛騨高山・桜山八幡宮近くの伝統工芸 飛騨春慶塗製造元「山田春慶店」のオンラインショップです。
当店が取り扱う製品の中から、小物やアクセサリーを中心にオンライン販売を行っています。
(その他の製品につきましては、メールまたはお電話で直接お問い合わせください。)

[発送]
関東・信越・北陸・中部・関西…¥700 / 南東北・中国…¥800 / 北東北・四国・九州…¥900 / 北海道・沖縄…¥1,200(いずれも税込)
*現在海外発送は行っておりません。
 We are sorry that we cannot ship our products overseas currently.
*原則最短で発送いたします。受取日時指定をご希望の方は、ご注文の際に「備考欄」にご記入ください。
 午前中/12時~14時/14時~16時/16時~18時/18時~20時/20時~21時
*発送日をご指定の場合は注文日より3日目以降でご指定をお願いします。
*発送時期、発送エリア、天候、情勢等によってはご希望に添えない場合がございます。
*土・日・祝日、年末年始はご注文、お問い合わせの応対と発送業務はお休みさせていただきます。

[支払方法]
クレジットカード払い / 銀行振込 / 代引き ※手数料¥324(税込)

[のし・ギフトラッピング]
簡易的なものでよろしければ無料で対応いたしますので、ご注文の際に「備考欄」にご記入ください。
のしの場合は「内のし(包装紙の内側)」か「外のし(包装紙の外側)」をご指定ください。

[その他]
飛騨春慶は塗り始めは色が黒く徐々に透明度が増し木地が透けて鮮やかさが増してきます。そのため製品画像の色味は、製品によって異なることをご了承ください。

-----

■現代のセンスをプラスした、新しい「伝統的工芸品」を提案しています
飛騨春慶誕生当初は茶器としての利用が主でしたが、後に盆や重箱など一般生活用品も多く作られるようになり、庶民も手にするようになりました。

当店では、古くから受け継がれている製品を「伝承工芸品」として継承し、さらにその時代に調和した製品を「伝統的工芸品」として、若い世代の方々にも日常で使用していただける製品開発をめざしております。

その一例として、時計あらかるとやコーヒーカップ、ワイングラスなどを、現在若い世代の方からご年配の方、海外より訪れた外国人観光客の方など、多くの方にご来店いただき当店の製品をご愛用いただいております。飛騨高山のお土産品としてではなく、現代のデザイン製品の1つとしてご利用いただければ、大変うれしく思います。


■使い方に具体的なルールはありません
飛騨春慶には昔からの歴史がある製品が多く、たびたびお客さまから「この製品はどうやって使うのか?」「この製品はどういう場面で使えばよいのか?」といった質問を受けることがあります。

結論から申し上げますと、使い方に具体的なルールはありません。例えばフランス人のお客さまは、本来おせち料理をいれることが多い重箱に、ケーキや洋菓子を入れて日常的に使っているそうです。過去の使い方や価値観にとらわれず、お客さま自身で自由にお使いいただいて何ら問題はありません。

また飛騨春慶の製品は決して安いものではありませんが、お祝い事などのハレの日だけでなく、ぜひとも日々の日常生活の中でお気軽にお使いください。

---

〈春慶のお手入れ・お取り扱い〉
飛騨春慶は、塗り上げ後数ヶ月経つと、徐々に透明度が増し、木地が透けて鮮やかさが増してきます。その間、漆の油分が染み出す場合がございますので、柔らかい布等で拭き取ってください。

■日常のお手入れ方法
・軽い汚れは、ぬるま湯でさっと洗ってください。
・油汚れは洗剤を薄め、柔らかいスポンジ等で優しく洗ってください。
・水滴の跡が残らないよう、水切り後には乾ききらないうちに、柔らかい布巾等で拭いてください。
・食物のこびりつきは、内側にお湯をはり10分ほど置いた後、浮き上がってきたら柔らかいスポンジ等で優しく洗ってください。
・普段使っている食器類と同じように収納いただけますが、直射日光の当たらない場所に保管してください。

■キズや劣化の原因になりますのでご注意ください
つけおき/煮沸/まぜ洗い/たわし類/食洗機・乾燥機/電子レンジ/直射日光

---

〈飛騨春慶について〉

■飛騨春慶は、自然のままの木目を生かした黄金色の漆器
慶長12年(1607年)、当時の高山城主であった金森重頼のとき、大工の高橋喜左衛門が椹(さわら)の木で作った、蛤(はまぐり)の形のお盆を、重頼の長兄である重近(宗和)に献上し、気に入った重近が、塗師の成田三右衛門に塗らせたのが始まりとされています。

以後、自然のままの木目を生かした黄金色の漆器“春慶塗”は山国である飛騨らしい特産品となりました。誕生当初は、茶器としての利用が主でしたが、江戸時代以降、盆や重箱など一般生活用品も多く作られるようになり、庶民も手にするようになりました。

第二次世界大戦中は一時的に衰退をしましたが、戦後は産地として復活。高度経済成長期には、贈答品としての需要が増え、また近年の高山の観光ブームにより、お土産品としての需要も拡大しました。

昭和36年(1961年)には連合協同組合が設立された後、昭和50年(1975年)に、当時の通産大臣(現在の経済産業省)から伝統的工芸品として第一次指定を受けました。(飛騨春慶連合協同組合刊行「伝統的工芸品 飛騨春慶」より一部抜粋)

送料
ショップ名
飛騨春慶塗製造元 飛騨高山の伝統工芸 - 山田春慶店オンラインショップ
住所
 
電話番号
 
決済方法
クレジット決済・銀行振込・代引
運送会社
飛騨春慶塗製造元 飛騨高山の伝統工芸 - 山田春慶店オンラインショップに移動

飛騨春慶塗製造元 飛騨高山の伝統工芸 - 山田春慶店オンラインショップの商品一覧

表示方法: 写真小写真大
表示件数: 20件40件60件80件
表示順序: 売れ筋順新着順価格が安い価格が高いGMOとくとくポイント率が高い

全0件

商品詳細 価格/ポイント
ページトップへ
Copyright (c) 2004-2016, GMO MAKESHOP Co. Ltd. All Rights Reserved.